サービス内容

看護師

・病状観察(バイタル・健康管理等)

・療養生活の支援(排泄・入浴・食事等)

・ご家族様への支援(相談・精神的ケア)

・医師の指示による管理・処置

・医療連携(通所介護等の健康管理業務)

 

リハビリ専門士

・機能回復(可動域確保・筋力強化)

・ADL訓練(歩行・排泄・入浴動作学習)

・個別内容(疼痛管理・呼吸介助等)

・環境整備(住宅改修・福祉用具の評価)

・ボランティア事業(勉強会・研修会の開催)

 

訪問看護利用のチェックリスト

以下項目に当てはまる場合は訪問看護の利用をご検討下さい。

〈在宅生活の状況〉

栄養状態:□食事摂取量低下・偏食  □水分摂取量低下  □脱水傾向  □誤嚥のリスク

排泄  :□排尿障害がある  □便秘・下痢症状の出現  □浣腸・摘便が必要

清潔  :□入浴・正式介助が必要  □入浴困難・不可  □口腔内のケアが不十分

移動  :□転倒傾向・転倒歴がある  □車椅子・杖の調整、福祉用具が必要

〈医療処置〉

□インスリン療法等の自己注射  □警官栄養  □点滴  □中心静脈栄養  □創・褥瘡処置

□ストマケア  □CAPD  □尿路系管理(留置カテーテル・自己導尿・人工膀胱)

□疼痛管理  □在宅酸素療法  □人工呼吸器(マスク式・気管切開下)

〈服薬管理〉

□内服コントロールが不十分  □過剰内服・残業がある

〈リハビリテーションの必要性〉

□廃用症候群へのリスク  □活動量・活動性が乏しい  □リハビリの継続希望

〈介護(看病)環境の状況〉

□終日(日中)独居  □家族の介護負担が大きい  □本人・家族様の不安が大きい

□病状が不安定・入退院の連続  □終末期を自宅で過ごしたいという希望